ごあいさつ

 「コミュニケーションの大切さ」
2024年元旦は「能登半島地震」という大きな震災が起き、その救援に向かう自衛隊機の事故もありました。犠牲になられた方々にお悔やみ申し上げるとともに、被災されたすべての方々に心よりお見舞い申し上げます。そして現地で支援活動される方々のご無事を願っております。
昨年はコロナが5類へ移行し私たちの生活も元通り、というよりは新しくポストコロナ時代を迎えようとしています。
リモートでは便利な面、何か足りなく感じることがありました。ある研究ではリモートで会話をしているより、対面で会話をすることで相手の表情やしぐさに脳は敏感に反応し働きが活発になるそうです。
人は言葉や感情を伝え合うことに喜びを感じる、それはどんな時でも一番大切で変えられないことなのですね。震災が起きたとき、道路が寸断されたどり着けないもどかしさ、何もできないはがゆさ、燃える街を見て心が締め付けられるように感じた方も多いのではないでしょうか。
今の自分に何が出来るか、を問われているように感じました。
私たちは書画に心を込めて描くことができます。
そしてそれはどんな時でもどんな場所にも届けることができます。
2024年は「甲辰きのえたつ」、これまで努力してきたことが飛躍すると言われています。
「雲蒸竜変」皆様のますますのご活躍を願っております。

代表理事/代表書画師 西尾 志乃舞

志乃書画協会®について

外観

志乃書画協会®とは 【レイヤード・ヒサヤオオドオリパーク】最北部の広大な芝生広場(学びの森)の目の前に本部を置き、書画教室やイベントを開催。1人でも多くの方に描く事の楽しさをお伝えしたい!!熱い気持ちの繋がった同志が立ち上げた一般社団法人です。

協会概要

名称一般社団法人 志乃書画協会®
本部〒461-0001 名古屋市東区泉1-14-3
HASEGAWAビル 5階
設立2020年 1月
代表理事西尾 志乃舞

理念

書画を中心とした日本伝統の文化を通じて、
社会貢献に繋がる人材育成を行い、
社会及び広く人々に喜びと感動を生み、
沢山の方に幸せを届ける。

協会活動

教育事業
地域社会貢献
講座・セミナー等の企画、運営
書画師指導、育成及びこれらに関する試験の実施
日本伝統文化の推奨
インバウンドに関する事業